チェコ少女合唱団《イトロ》クリスマスコンサート

国際コンクール35回優勝
ボヘミアの少女たちが贈る、世界最高の歌声

 これまでに35回もの国際コンクールで優勝を重ね、「世界最高の少女合唱団」として名高いチェコ少女合唱団≪イトロ≫が待望の3年ぶり7度目の来日を果たします。
欧米各国で高い評価を集め、特にアメリカではその音楽の構築力の高さにより「全合唱団の歌唱様式を変えた」と絶賛。ノン・ヴィヴラートの透き通った歌声で、何とも愛らしいボヘミアの少女達による、至福のひと時が楽しめます。
 今回も好評のクリスマス・プログラム。「きよしこの夜」等クリスマスの名曲に加え、これまでも感動を巻き起こした「新世界より」「モルダウ」などチェコの名曲の数々など盛りだくさんです。ウィーン少年合唱団が世界最高のボーイズコーラスなら、チェコ少女合唱団≪イトロ≫は世界最高の女声合唱団。クリスマスに最高の感動体験を味わって下さい。

出演

チェコ少女合唱団《イトロ》
Czech Girls’ Choir JITRO

イジー・スコパル(指揮)
Jiri Skopal, Conductor

ミハル・フロバーク(ピアノ)
Michal Chrobak, Piano

望月 友美(メゾ・ソプラノ)
Mochizuki Tomomi, Mezzo-soprano

予定プログラム

クリスマスの名曲
もろびとこぞりて(ヘンデル)/きよしこの夜(グルーバー)
ジングルベル(ピアポント)/キャロルの祭典(ブリテン)
イトロとチェコのクリスマス(イラセック)
カテドラルの時代(コッシアンテ)      ほか

チェコと日本の名曲
新世界交響曲より「ラルゴ」/我が母の教え給いし歌(ドヴォルザーク)
モルダウ/歌劇「売られた花嫁」より(スメタナ)
ボヘミア・モラヴィア民謡メドレー(イェレミアーシ編)
虹よ永遠に~真実井房子原爆体験記~(中村雪武) ほか

チケット

2019年11月26日(火) 19:00開演 (18:30開場)
会場:渋谷区文化総合センター大和田 4階 さくらホール

全席指定 S席4,800円 A席4,300円(税込み)
※未就学児入場不可

 プレイガイド

 - テンポプリモ 03-3524-1221

 - チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:162-510]

- イープラス

  - ローソンチケット 0570‐000‐407[Lコード:35603]

 


主催:テンポプリモ
後援:駐日チェコ共和国大使館、チェコセンター東京、全日本合唱連盟、ICEC国際文化交流センター

千葉公演

日時:2019年11月24日(日)15:00開演(14:30開場)
会場:山崎製パン総合クリエイションセンター
お問い合わせ:市川児童合唱団

東京公演

日時:2019年11月25日(月)19:00開演(18:30開場)
会場:日経ホール
お問い合わせ:日経ホール

東京公演

日時:2019年11月26日(火)19:00開演(18:30開場)
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
お問い合わせ:テンポプリモ

大阪公演

日時:2019年11月29日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:エブノ泉の森ホール 小ホール
お問い合わせ:泉佐野市少年少女合唱団育成会

金沢公演

日時:2019年12月1日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:北國新聞赤羽ホール
お問い合わせ:ケィ・シィ・エス

名古屋公演

日時:2019年12月3日(火)14:00開演(13:30開場)
会場:宗次ホール
お問い合わせ:宗次ホール

 

鹿児島公演

日時:2019年12月7日(土)14:00開演(13:00開場)
会場:鹿児島市民文化ホール
共演:鹿児島市立少年合唱隊
お問い合わせ:鹿児島市民文化ホール

東京公演

日時:2019年12月8日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:小金井宮地楽器ホール
お問い合わせ:小金井宮地楽器ホール

 

その他、学校公演・アウトリーチなどを予定しています。

プロフィール

チェコ少女合唱団《イトロ》
Czech Girls’Choir “JITRO”

 1973年ボヘミアの古都フラデツ・クラーロベーに創設。6つの予備課程に約350名の生徒が学び、その中から選抜された30名のみがステージに立つことが出来る。第4回世界合唱コンクール(2006年)で総合優勝し国際的に注目を集めるなど、2018年までの間に出場した国際コンクールで実に35回もの優勝を飾っている
 世界最高の女声合唱の一つとして名高く、ヨーロッパ各地やカナダ、香港など世界中でツアーを行い活躍。これまでに開催したコンサートは2900回を超える。特にアメリカでは、「少年少女合唱の歌唱様式に決定的な革新をもたらした」(Dr.ラーオ/トロント大学教授)と絶賛を博し、これまで14度の全米ツアーを果たした。
 音楽祭への招聘も数多く、2003年にはプラハの春音楽祭でミュンヘン交響楽団と共演し、モーツァルト作品の初演を行って話題を集めた。「ドヴォルザーク/モラヴィア二重奏曲集」をはじめ37種類のCDをリリース。近年では、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団やホセ・クーラら、著名なオーケストラやソリストとの共演でも注目を集めている。
 1977年よりイジー・スコパル博士が芸術監督ならびに首席指揮者を務めている。

詳しいプロフィールはこちら>>


メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。