小林研一郎 指揮 ハンガリー・ブダペスト交響楽団
ピアノ:亀井聖矢

 

炎のマエストロ海外デビュー50周年の節目を飾る公演
話題の人気ピアニストと共に。

ブダペストでの輝き、50年の軌跡 ―

「炎のマエストロ」の愛称で親しまれる小林研一郎。この指揮者ほど、老若男女に愛されている人はいないのではなかろうか。エネルギッシュに、情熱ほとばしる音楽を聴衆に届け、終演後はプレイヤーを称えて歩み寄り、穏やかに微笑みながら客席に向かい感謝の言葉を伝える。その瞬間、誰もが胸の奥にジンとくるものを感じ、巨匠小林研一郎に魅了される。
今年は、小林が1974年に第1回ブダペスト国際指揮者コンクールで優勝してから50周年。この鮮烈なデビューで共演した楽団が、今回ツアーを共にする「ハンガリー・ブダペスト交響楽団」である。プログラムは、その優勝時に演奏したロッシーニの歌劇『セビリアの理髪師』序曲から始まる。ソリストは、2022年にロン=ティボー国際コンクールで優勝し、今や若手ピアニストの中でライジングスターのひとり、亀井聖矢。超絶技巧きわだつ艶やかな音色に期待が募り、初共演のマエストロ小林とリストを生んだハンガリーの楽団とどのような化学反応が起こるのかにも注目したい。後半は、チャイコフスキーの交響曲第4番。緊迫感が漂うファンファーレと憂いを帯びた旋律にはじまり、深い哀しみや儚さを経て華々しいラストを迎えるこの作品を、熱い魂をもつブダペスト交響楽団と小林が贈る。互いの厚い信頼で結ばれて半世紀という歳月を経た今、湧き出る芳醇な音の渦に身を任せて幸福な瞬間に出逢える時が待ち遠しい。

出演

ハンガリー・ブダペスト交響楽団
指揮:小林研一郎
ピアノ:亀井聖矢

公演情報

【日時】
2024年7月2日(火)19:00開演(18:15開場)

【会場】
サントリーホール 大ホール

【プログラム】
ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」 序曲
リスト:ピアノ協奏曲 第1番変ホ長調 S.124/R.455(ピアノ:亀井聖矢)
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 作品36

主催:日本経済新聞社/テンポプリモ
特別協賛:
後援:ハンガリー大使館/リスト・ハンガリー文化センター/日本ハンガリー友好協会

チケット・プレイガイド

S席 15,000円 A席 12,000円 B席 10,000円 P席 8,000円

チケットぴあ Pコード:261-904
イープラス
ローソンチケット Lコード:33282
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00-18:00)
楽天チケット 050-5474-7343 (平日10:00-17:00)
CNプレイガイド 0570-08-9990 (10:00-18:00)

3月2日(土)10:00~一般発売開始!

※全席指定・税込み
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※曲目・曲順・出演者等が変更になる場合がございます。ご了承ください。

プロフィール

ハンガリー・ブタペスト交響楽団 MAV Budapest Symphony Orchestra

1945年、音楽好きだったハンガリー国営鉄道の総裁が、第二次世界大戦終戦時に人々の心に必要なのは文化=音楽だと唱え、楽団員を招集し、各地で生演奏を届けたのがハンガリー・ブダペスト交響楽団のなりたちである。ハンガリーならびにヨーロッパ各地で公演を行い、これまでにハンス・スワロフスキー、フランコ・フェラーラ、クルト・マズア、ヘルベルト・ブロムシュテット、ジェイムズ・レヴァイン等巨匠が定期的に登壇。日本からは小林研一郎が定期的に客演し、現在では名誉指揮者を務めている。この他、パヴァロッティ、キリ・テ・カナワ、ペレーニ、ゲリンガス、メニューイン等世界的な演奏家が客演。東京ドームで行われた三大テノール(プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パバロッティ、ホセ・カレーラス)と共演したことでも日本の音楽ファンに広く知られる。CDはソニー、ナクソス等から多数リリース。

小林研一郎(指揮) Ken-ichiro Kobayashi, Conductor

“炎のコバケン”の愛称で親しまれる日本を代表する指揮者。東京藝術大学作曲科、及び指揮科の両科を卒業。1974年 第1回ブタペスト国際指揮者コンクール第一位、及び特別賞を受賞。2002年プラハの春音楽祭では東洋人初のオープニング「わが祖国」を指揮して万雷の拍手を浴びた。これまでにハンガリー国立フィル、チェコ・フィル、アーネム・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、フランス国立放送フィル、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管、ロンドン・フィル、ハンガリー放送響、N響、読響、日本フィル、都響等の名立たるオーケストラと共演を重ね、数多くのポジションを歴任。ハンガリー政府よりハンガリー国大十字功労勲章(同国で最高位)等、国内では旭日中綬章、文化庁長官表彰、恩賜賞・日本芸術院賞等を受賞。2005年、社会貢献を目的としたオーケストラ「コバケンとその仲間たちオーケストラ」を設立、以来全国にて活動を続けている。CD、DVDはオクタヴィア・レコードより多数リリース。著書に『指揮者のひとりごと』(日本図書協会選定図書)等がある。現在、日本フィル桂冠名誉指揮者、ハンガリー国立フィル・名古屋フィル・群響桂冠指揮者、読売日響特別客演指揮者、九響名誉客演指揮者、東京藝術大学・東京音楽大学・リスト音楽院名誉教授、ローム ミュージック ファンデーション評議員等を務める。

亀井聖矢(ピアノ)  Masaya Kamei, Pianist

Photo by Yuji Ueno

2022年、ロン=ティボー国際音楽コンクールにて第1位を受賞。併せて「聴衆賞」「評論家賞」の2つの特別賞を受賞。
2001年生まれ。4歳よりピアノを始める。2019年、第88回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、及び聴衆賞受賞。第43回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び聴衆賞受賞。2022年、マリア・カナルス国際ピアノコンクール第3位受賞。ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールセミファイナリスト。
これまでに、N響、読響、東響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、東京シティフィル、関西フィル、京響など、国内の主要オーケストラと共演。「世界一受けたい授業」「日曜日の初耳学」「題名のない音楽会」などメディア出演も多数。愛知県立明和高等学校音楽科を経て、飛び入学特待生として桐朋学園大学に入学し、2023年3月に同大学を首席で卒業。2023年には、文化庁長官表彰(国際芸術部門)、出光音楽賞、岐阜県芸術文化奨励賞、愛知県芸術文化選奨文化新人賞を受賞。2021~2022年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。第51回公益財団法人江副記念リクルート財団奨学生。現在、カールスルーエ音楽大学、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースに在籍中。これまでに、青木真由子、杉浦日出夫、上野久子、岡本美智子、長谷正一、児玉桃の各氏に師事。作曲を鈴木輝昭氏に師事。

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。