立女形の神髄や歌舞伎の魅力に迫る特別企画!

日本芸術界の至宝、坂東玉三郎による「お話と素踊り」が東京都と神奈川県で実現!
お話コーナーでは、歌舞伎の魅力や立女形としての神髄、プライベートを語ります。皆さまからの質問に答えるQ&Aコーナーも予定しています!衣装や化粧をつけない「素踊り」は、滅多にに見ることのできない貴重な舞い。生演奏に乗せてその身一つで表現される美をご堪能ください。
洗練された芸と、知られざる素顔に迫る90分です。

出演

坂東玉三郎(お話/素踊り)
富山清琴(三絃/胡弓/歌)
富山清仁(三絃/歌)

プログラム

坂東玉三郎トークコーナー
地歌作物「勤行寺」(三絃/歌:富山清琴、清仁)
地唄舞「雪」(坂東玉三郎/素踊り、富山清琴/胡弓、富山清仁/三絃・歌)
※90分休憩なし

公演日時

[神奈川]
2022年7月3日(日)開場14:00 開演15:00
神奈川県民ホール

[東京]
2022年7月14日(木)開場18:00 開演19:00
LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

 

玉三郎さんへの質問募集

坂東玉三郎さんへの質問をお寄せください。当日Q&Aコーナーでお答えします!

<インターネットの場合>
https://onl.sc/fuabXHN
(件名:玉三郎さんへの質問)

<メール・FAXの場合>
メール: info@tempoprimo.co.jp
FAX: 03-3524-1222
①ペンネーム/②年齢/③住所(市区町村まで)
④ご来場予定の公演(北海道/神奈川/東京)※3公演同時募集
⑤玉三郎さんへの質問 をご記入の上、お送りください。

プロフィール

坂東玉三郎

  1957年12月東横ホール『寺子屋』の小太郎で坂東喜の字を名のり初舞台。1964年6月十四代目守田勘弥の養子となり、歌舞伎座『心中刃は氷の朔日』のおたまほかで五代目坂東玉三郎を襲名。泉鏡花の唯美的な世界の舞台化にも意欲的で、代表作の『天守物語』をはじめ数々の優れた舞台を創りあげてきた。また歌舞伎の枠を超えて、世界の芸術家まで大きな影響を与え、賞賛を得てきた。若くしてニューヨークのメトロポリタン歌劇場に招聘されて『鷺娘』を踊って絶賛されたのをはじめ、アンジェイ・ワイダやダニエル・シュミット、ヨーヨー・マなど世界の超一流の芸術家たちと多彩なコラボレーションを展開し、国際的に活躍。映画監督としても独自の映像美を創造。2012年9月に、歌舞伎女方として5人目となる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定、また2013年にはフランス芸術文化章最高章「コマンドゥール」を受章した。

 


富山清琴

  1950年、初代富山清琴の長男として東京に生まれる。73年、東京藝術大学を卒業。81、83、89、92、94年、国際交流基金派遣使節の一員として西欧諸国を巡演。86、89、91年、文化庁芸術祭賞受賞。2000年、富山清琴を襲名し、生田流清音会の家元を継承。04年、日本芸術院賞受賞。06年、松尾芸能賞優秀賞受賞。09年、重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。11年、紫綬褒章受章。18年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章。
公益社団法人日本三曲協会名誉会長。

  
富山清仁

  1983年、二代富山清琴の長男として東京に生まれる。88年、初舞台。2006年に学習院大学法学部を卒業、同年より父の代稽古を勤め、現在に至る。
公益社団法人日本三曲協会理事、生田流協会理事。

チケット

[神奈川]
SS席:7500円(チケットぴあ/神奈川芸術協会のみ)、S席:6500円、A席:5500円、B席:4500円
チケットぴあ https://t.pia.jp/[Pコード:511-624]
イープラス
ローソンチケット  https://l-tike.com/[Lコード:35566]
楽天チケット  https://ticket.rakuten.co.jp/ 050-5434-7343(平日10:00~17:00)
神奈川芸術協会 045-453-5080(平日10:00~18:00、土曜日10:00~15:00)
チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

[東京]
SS席:8500円(チケットぴあのみ)、S席:7500円、A席:6500円、B席:5500円
チケットぴあ [Pコード:511-400]
イープラス
ローソンチケット [Lコード:34873]
楽天チケット  050-5434-7343(平日10:00~17:00)

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。