Presents
ダニエル・バレンボイム 指揮
ベルリン国立歌劇場管弦楽団≪シュターツカペレ・ベルリン≫

©Holger Kettner

世界最古級にして最高のオーケストラ、6年ぶりの来日。
巨匠バレンボイムが贈る、超・円熟のブラームスチクルスと未完成&チャイ5!

  ベルリン国立歌劇場の付属オーケストラとして創立450年を誇る世界最古級にして最高のオーケストラ。2016年の来日公演で誰もが驚いた9日間のブルックナー交響曲全曲演奏会を行いその途轍もない実力を見せつけ、次の来日が今か今かと待たれていました。折しも2021年に音楽監督ダニエル・バレンボイムがコロナ禍の中ピアニストとして奇跡的に来日を敢行、16年ぶりのリサイタルを開催しましたが、その際関係者の強い訴えもあって6年ぶりの来日となる公演が実現することとなりました。
  ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートの指揮を行った2022年の締めくくりの公演となるシュターツカペレ・ベルリンの来日公演で満を持してマエストロが選んだのは、「ブラームス・チクルス」と「未完成&チャイ5」の豪華プログラム。世界中のオーケストラが国際化・均質化していく中で、最もドイツ的な最後の楽団として世界中から称賛を集める「バレンボイム&SKB」は、日本の音楽史上永遠に語り継がれる公演となることでしょう。決して見逃せません。

公演日程

◆特別公演 2022年12月6日 (火)19:00開演 (18:00開場)
東京オペラシティコンサートホール

◆ブラームス・チクルス第一夜 2022年12月7日(水) 19:00開演(18:00開場)
サントリーホール

◆ブラームス・チクルス第二夜 2022年12月8日(木) 19:00開演(18:00開場)
サントリーホール

出演

ダニエル・バレンボイム(指揮)
べルリン国立歌劇場管弦楽団≪シュターツカペレ・ベルリン≫

プログラム

12月6日(火) 特別公演
シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 ≪未完成≫作品759/チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調作品64

12月7日(水) 第1夜
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68/交響曲第2番 ニ長調 作品73

12月8日(木) 第2夜
ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90 / 交響曲第4番 ホ短調 作品98

【チケット・プレイガイド】

全席指定 S席35,000円 A席30,000円 B席25,000円 C席20,000円 P席15,000円
ブラームス・チクルス セット券 S席70,000円(12月7日、8日の2公演/有料プログラム付き)※テンポプリモWEBチケットのみ

チケットぴあ
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999(12/6)
サントリーホールチケットセンター 0570-550-017(12/7,8)
イープラス
ローソンチケット[Lコード:34403]
楽天チケット 050-5434-7343(平日10:00~17:00)
日経ショップ 03-6256-7682 (店頭販売のみ)

2022年7月23日(土)10:00〜 一般発売開始

お子様を無料ご招待!(12/6 特別公演)

新型コロナウイルス感染症の影響下において、子供たちの鑑賞・体験の機会が失われております。本事業は若い世代に本格的な芸術に触れる機会を提供するため、文化庁の支援のもと小学生~18歳以下のお子様をコンサートにご招待いたします。どうぞこの機会に次代を担う子供たちに舞台芸術の素晴らしさをご体感いただけますと幸いです。

対象公演:12月6日 (火)19:00開演 東京オペラシティコンサートホール
ベルリン国立歌劇場管弦楽団≪シュターツカペレ・ベルリン≫
(指揮:ダニエル・バレンボイム)
対象年齢:ご来場時に小学生~18歳以下の方
お申込み期限:11月21日(月)23:59(先着順)


主催:日本経済新聞社/テンポプリモ

特別協賛:

プロフィール

ベルリン国立歌劇場管弦楽団≪シュターツカペレ・ベルリン≫
Staatskapelle Berlin

 1570年ドイツ・プロイセン王立宮廷楽団としてベルリンにて創立。1742年のベルリン宮廷歌劇場の開場とともに同歌劇場の座付きオーケストラとなった。1842年からは歌劇場管弦楽団の定期公演が始まり、メンデルスゾーンもシンフォニーコンサートの指揮者を1年間行う。1849年にはニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」を作曲家本人の指揮によって初演が行われる他、ワインガルトナー、R.シュトラウス、フルトヴェングラー、クレンペラー、ワルター等歴史上の巨匠が指揮台に立っている。歌劇場は第二次世界大戦中に2回の爆撃で破壊されたが、いずれもワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が上演されて再開。1945年の終戦後にはベルリン・ドイツ国立歌劇場と改称され、1955年に完全再建される。
  音楽監督は「シュターツカペルマイスター」と呼ばれ、これまでにオットー・ニコライ、リヒャルト・シュトラウス、エーリヒ・クライバー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、フランツ・コンヴィチュニー、オトマール・スウィトナー等が総監督を歴任。1992年からはダニエル・バレンボイムが30年に渡りカペルマイスターの地位を務めている。歌劇場のオーケストラとしてはウィーン国立歌劇場管弦楽団を母体とするウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン国立歌劇場と並び古くから活動を行っており、特にスウィトナーとバレンボイムのもとではベートーヴェン、ブラームス等の交響曲全集などの録音が行われるなど活発である。1977年に初来日、前回2016年には9日間にわたるブルックナー交響曲全曲演奏を行い大絶賛を博した。

ダニエル・バレンボイム(音楽監督
Daniel Barenboim, Conductor

1942年生まれ。5歳より両親からピアノを習い、7歳でピアニストとしてデビュー。1952年には10歳でウィーンとローマ、55年にパリ、56年でローマに相次いでデビュー、57年にはストコフスキーとの共演でニューヨークにデビューし、国際的な評価を確立した。54年にはフルトヴェングラーから「バレンボイムの登場は事件である」と評されている。60年代にはベートーヴェンの協奏曲全曲でオットー・クレンペラーと、ブラームスの協奏曲全曲でサー・ジョン・バルビローリと共演、レコーディングも行った。66年から69年にかけては、自身最初のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音を行っている。また、68年には、ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン)、ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)とともにトリオを結成。以来、フィッシャー・ディースカウ、イツァーク・パールマン、アイザック・スターン、ヨーヨー・マ、マキシム・ヴェンゲーロフ、マルタ・アルゲリッチ、エマニュエル・パユら時代を代表するソリストとともに室内楽にも取り組んでいる

レパートリーはピアノ・室内楽・指揮ともに多岐にわたり、バッハからベートーヴェン、ブラームス、ワーグナーに至るドイツ語圏の作品の演奏はとりわけ圧倒的な支持を得ている。作品の細部のみならず作曲家や時代背景までをも俯瞰し理解したうえでの確信的な音楽が特徴で、ベートーヴェンやモーツァルトのピアノ協奏曲・ピアノ・ソナタ全曲、バッハの平均律クラヴィーア曲集全曲といった集中的な演奏や録音が多く、いずれも好評を博している。2020年12月には自身5度目となるベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音をリリースして注目を集めた。

指揮者としても精力的に活動し、パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、シュターツカペレ・ベルリン、ミラノ・スカラ座の音楽監督、ベルリン・フィルの楽団史上初の名誉指揮者などを歴任。22年1月には、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートへの自身3度目の出演が予定されている。

現在は指揮とピアノの双方で精力的に活動を続ける一方、99年に文学者のエドワード・サイードとともに設立したウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を率い、若手音楽家の育成や中東和平を希求する活動にも積極的に取り組んでいる。グラミー賞、大英帝国騎士勲章、レジオンドヌール勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章、高松宮殿下記念世界文化賞など受賞歴も多い。

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。