サラ・チャン ヴァイオリンリサイタル

~ヴァイオリンの女王、磨き上げた美音で魅せる世界~
8歳でNYフィルデビュー。早熟の天才が巨匠への道を進む。

ジュリアード入学は6歳、メータ指揮ニューヨーク・フィルとのデビューを果たしたのが8歳。そして、10歳でハイフェッツの持つCDリリース最年少記録を更新した天才少女。13歳で大ヴァイオリニスト、メニューインに「最も完成され、最も理想的なヴァイオリニスト」と評された彼女は、世界の檜舞台にデビューしてからすでに30年が経ち、今なお活躍し続けながら、2018年4月、イギリスの人気ラジオ番組「Classic FM」に「世界最高のヴァイオリニスト25名」に選ばれました。その演奏に今は深い精神性をもって磨きをかけて充実の時を迎えています。  2017年9年ぶりの来日リサイタルでは、これまでの超絶技巧に更に磨きがかけられただけでなく、自身の成熟した精神力が加わり、聴く人すべてを魅了し、大絶賛を博しました。翌年の再来日では「2つの四季」をテーマに、ヴィヴァルディとピアソラの名曲をN響のメンバーによる弦楽五重奏と共演し、圧巻の演奏を繰り広げ、見事に大成功を収めました。  今年で3年連続の来日を果たし、待望のソロリサイタルを開催します。「すべてのレパートリーを完璧に磨き上げられるまでに決して公で演奏しない」と言うサラ・チャンですが、今回は自身による選曲で名曲の数々を聴かせます。卓越した技巧に洗練された芸術性を兼ね備えた彼女の、魂を揺さぶる素晴らしい演奏にご期待ください。

出演

サラ・チャン(ヴァイオリン)
Sarah Chang, Violin

フリオ・エリザルデ(ピアノ)
Julio Elizalde, Piano

予定プログラム

フランク: ヴァイオリンソナタ イ長調
バルトーク: ルーマニア民族舞曲
ラヴェル: ツィガーヌ
バッジーニ: 妖精の踊り
エルガー: 愛の挨拶
ドヴォルザーク: ロマンス ヘ短調 ほか
※演奏曲目は予告なしに変更になる場合がございます。

チケット

2019年10月7日(月) 19:00開演 (18:30開場)
会場:紀尾井ホール

全席指定 S席7,500円 A席6,000円(税込み)
※未就学児入場不可

2019年5月31日(金)10:00〜 一般発売開始

プレイガイド

◆テンポプリモ 03-3524-1221(平日10時~18時)
◆イープラス http://eplus.jp
◆チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード: 151-937)
◆ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-000-407(Lコード: 32364)
◆紀尾井ホールウェブチケット http://www.kioi-hall.or.jp/
◆紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061(10時~18時/日・祝休)

 


主催:テンポプリモ

愛知公演

日時:2019年10月8日(火)18:45開演(18:15開場)

会場:三井住友海上しらかわホール(名古屋・伏見)

お問い合わせ:CBCテレビ事業部

 

広島公演

日時:2019年10月11日(金)18:45開演(17:45開場)

会場:広島文化学園HBGホール

お問い合わせ:広響事務局

プロフィール

サラ・チャン(ヴァイオリン)
Sarah Chang, Violin

1980年フィラデルフィア生まれ。4歳でヴァイオリンを始め驚くべき上達を見せて6歳で名門ジュリアード音楽院に合格、ドロシー・ディレイに師事する。8歳でメータ指揮ニューヨーク・フィルでデビュー、同年ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団と共演した。10歳でEMIクラシックスでCDデビューしたが、これは11歳でファーストアルバムがリリースされたハイフェッツを上回る史上最年少記録である。これらの実績によりメニューインに「私が知る限り最も素晴らしく、最も完成され、最も理想的なヴァイオリニスト」と評された。 その後も世界各国の主要オーケストラと共演を重ね、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルをはじめ近年ではロンドン交響楽団、ロサンゼルスフィル、ワシントン・ナショナル交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ロイヤル・フィル、チェコフィル、ロッテルダム・フィル、サンクトペテルブルク・フィル等と共演。この他ノルウェー、ルーマニア、オーストリア、カナダ、ポーランド、デンマーク等でリサイタルを開催。室内楽でもこれまでにズッカーマン、サヴァリッシュ、ブロンフマン、アンスネス、ヨーヨー・マ、スターンやベルリンフィルのメンバーと共演している。受賞歴も多岐にわたっており、1993年ドイツェ・グラモフォン「ヤングアーティストオブザイヤー」、99年エイヴリー・フィッシャー賞、ドイツのエコー賞レコード大賞をはじめ、2006年にはニューズウィークの「20人のトップ女性」に、また08年WEFのヤング・グローバル・リーダーに選出。11年アメリカ大使館の芸術大使任命、12年ハーバード大学による芸術賞等を受賞している。使用楽器は1717年グァルネリ・デル・ジェス。

詳しいプロフィールはこちら>>


フリオ・エリザルデ(ピアノ)
Julio Elizalde, Pian

アメリカ・サンフランシスコ近郊に生まれる。サンフランシスコ音楽院を経て、ジュリアード音楽院にてロバート・マクドナルド等に学び、修士号と博士号を取得した。ソリストならびに室内楽ピアニストとして活躍し、これまでにイツァーク・パールマン、サラ・チャン、レイ・チェン等一流の演奏家のツアーに参加し共演している。シアトル・タイムス紙にて「思わず引き込まれてしまう魅力と感性を持つピアニスト」と称賛されるなど高く評価される。また、ピアノ三重奏団「ニュー・トリオ」を創設してフィショフ・ナショナル室内楽コンクールで優勝、またハーバード音楽協会からアーサー・フット賞を授与され、ホワイトハウスに招かれクリントン大統領(当時)のために演奏するなど活躍してきた。加えて、2013年にアカデミー賞受賞作曲家ハワード・ショア作品のサウンド・トラックの演奏を手掛け、翌14年にはシアトル近郊で行われているオリンピック音楽祭の芸術監督を務めるなど多方面にて活躍。教育者としても、サンフランシスコ音楽院、シカゴ音楽院、ローレンス大学等全米各地の音楽大学で教鞭を執り、後進の指導に努めている。

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。