トリニティ・アイリッシュ・ダンス

 

世界チャンピオンのダンス・カンパニーが贈る最高のエンタテイメント・ショー!
華麗な群舞と怒涛のタップが繰り広げる大迫力のステージ。独創の舞台芸術!

 1990年、世界中の様々な舞踏・音楽の要素を集結させた「プログレッシヴ・アイリッシュ・ダンス」の思想を元にトリニティ・アイリッシュ・ダンス・カンパニーを立ち上げてから30年。それまで競技会が主な発表の場であったアイリッシュ・ダンスが、エンタテインメントの要素を伴う舞台芸術と発展し、後のリバーダンスやロード・オブ・ザ・ダンスの出現に繋がった。米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞を2度受賞し、自らが主宰するアカデミーからは毎年のように世界 選手権で優勝するダンサーを輩出するなど、アイリッシュ・ダンス界を最前線で牽引してきたのがまさにマーク・ハワードその人。2018年の日本ツアーでは何と4つの新作も発表し、伝統のアイリッシュ・ダンスをエンタテインメント・ショーへと進化させ、さらなる可能性を無限に追求する舞台芸術家である。
 2004年以来8度目となる今回の日本ツアーでは、2014年の世界チャンピオン「アイリッシュ・ダンスの女王」アリー・ダウティが引き続き再来日するほか、 今回の新作発表に大きな期待が掛かる。アイリッシュ・アメリカンの聖地シカゴから、今年もタップの嵐が吹き荒れる!

日本公演公式サイト

http://trinity-japantour.com/

出演

出演:トリニティ・アイリッシュ・ダンス
    芸術監督:マーク・ハワード
    プリンシパル・ダンサー: アリー・ダウティ

演奏:ジェイク・ジェームス(フィドル、バウロン)
   ブレンダン・オシェイ(ギター、ヴォーカル)
   クリス・クルウィン(ベース)
   スティーヴン・ラトレッジ(ドラム)

予定プログラム

ジョニー、ブラック・ローズ、トラック・シックス、ジッグ、プッシュ、カーラン・イベント、ザ・サーカス、ほか
(やむを得ず変更となる場合はあります。)

チケット

2020年7月4日(土) 14:00開演(13:30開場)/18:30開演 (18:00開場)(2公演)
会場:Bunkamauraオーチャードホール

2020年7月5日(日) 14:00開演 
会場:神奈川県民ホール

S席11,000円 A席9,000円 B席7,000円 (税込)

注意事項:対象4歳以上(4歳未満のお子様はご入場いただけません。お子様の膝上の鑑賞をご遠慮ください。)

2020年1月24日(金)10:00〜 一般発売開始

プレイガイド

テンポプリモ 03-3524-1221 www.tempoprimo.co.jp
イープラス http://eplus.jp/trinity<PC&携帯>
チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/[ Pコード:499-070(東京)、499-193(横浜)]
ローソンチケット
https://l-tike.com/ 0570‐000‐407(オペレーター対応)[Lコード:34022(東京)、32786(横浜)]
日経ショップ
03-6256-7682
テレビ東京 イベント事業部
http://tv-tokyo.co.jp/event/
セブンチケット
http://7ticket.jp/

【東京公演のみ】
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30) ※オペレーター対応
オンラインチケットMY Bunkamura https://my.bunkamura.co.jp ※PC・スマホ対応/座席選択可
Bunkamuraチケットカウンター Bunkamura1F(10:00~19:00)
東急シアターオーブチケットカウンター 渋谷ヒカリエ2F(11:00~19:00)

【横浜公演のみ】
神奈川芸術協会 045-453-5080 http://www.kanagawa-geikyo.com
チケットかながわ 0570-015-415

近日公開!

プロフィール

トリニティ・アイリッシュ・ダンス
Trinity Irish Dance Company

 1979年トリニティ・ア カデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスとしてシカゴ に創設された。主宰は、著名なダンサーで振付師、 舞台演出家のマーク・ハ ワード。1987年アイルランドで行われた世界アイリッシュ・ダンス・コン クールでアメリカの団体 として初めて優勝したのを始め、現在まで実に36度世界タイトルを獲得。1990年世界のさまざまな舞踏や音楽の要素を取り入れたプログレッシヴ・アイリッシュ・ダンスを発信させるため、ソロ世界チャンピオンを含む18歳から26歳のダンサー22名、 ミュージシャン、スタッフを現名称で独立設置、ワシントンD.C. のケネディ・センター、ニューヨークのジョイス・シアター、シカゴのオーディトリアム・シアター等で公演を行ってセンセーションを巻き起こす。以来、全米、欧州のツアーは常にソールド・アウトを記録、日本の鼓童、ボストン・ポップス等とも共演を行っている。

詳しいプロフィールはこちら>>


マーク・ハワード(芸術監督)
Mark Howard, Artistic Director

 アイルランド人 の両親のもと、イ ングランドのヨークシャーに生まれる。幼少時シカゴに移住、9歳から デネヒー・アイリッ シュ・ダンス・スクールに学ぶ。北米選手権優勝の後、17歳でトリニティ・アカデミー・オブ・アイリッシュ・ダンスを設立、数々の世界大会優 勝を果たす。1991年「100名のアイリッシュ・ アメリカン」に選出、1993年にはエミー賞を獲得。現在、トリニティの芸術監督を務めるかたわら、『バックドラフト』『アメリカン・ ビューティ』『ロード・トゥ・パーディション』 等多くの映画、TV、舞台作品で振付を手掛ける。トム・ハンクス、ケート・ハドソン等大ス ターのプライベート・コーチとしても有名。

詳しいプロフィールはこちら>>

 

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。