フジコ・ヘミング with NHK交響楽団メンバーの仲間たち

ピアノソロと協奏曲の饗宴

出演者

フジコ・ヘミング(ピアノ)
NHK交響楽団メンバーによる室内オーケストラ(コンサートマスター:永峰高志 ほか)
マリオ・コシック(指揮)

【高松公演】12月28日(土)15:00

レクザムホール・大ホール
詳細はこちら>>

【大阪公演】2020年1月3日(金)14:00

フェスティバルホール
詳細はこちら>>

以下の公演は終了しました

【山梨公演】 4月16日(火)18:30〜

山梨県民文化ホール 大ホール
http://www.sannichi-ybs.co.jp/SP/events/fujiko

【東京公演】5月8日(水)18:30〜

文京シビックホール 大ホール
https://sunrisetokyo.com/detail/3698/

【岩手公演】5月16日(木)18:30〜

岩手県民会館 大ホール
https://sunrisetokyo.com/detail/3703/

【京都公演】6月12日(水)14:00〜

ロームシアター京都 メインホール
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E021558-1.html

フジコ・ヘミング ピアノ・ソロコンサート

出演者

フジコ・ヘミング(ピアノ)

【東京公演】 6月9日(日)15:00〜

昭和女子大学 人見記念講堂
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E021558-1.html

プロフィール

フジコ・ヘミング 
Fuzjko Hemming, Piano

スウェーデン人画家・建築家の父と、日本人ピアニストの母の間にベルリンで生まれる。母の手ほどきでピアノを始め、10歳でレオニード・クロイツァーに師事。クロイツァーは「彼女はいまに世界中の人々を感激させるピアニストになるだろう」と予言をしていた。東京芸大を経て、文化放送音楽賞・NHK毎日コンクール受賞、その後、ベルリン高等音楽学校に1位で入学、その後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダに師事。ブルーノ・マデルナ、レナード・バーンスタイン、チェルカウスキー、マガロフ等多くのクラシック界の権威にその才能を認められて支持を獲得し、コンサートを行っていたが、聴力を失うアクシデントに遭遇。1999年、リサイタルとテレビのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD“奇蹟のカンパネラ”他をリリース。クラシック界異例の売上で、日本ゴールド・ディスク大賞、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞した。モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演。彼女と共演したミッシャ・マイスキーは「あなたの芸術を賞賛します」と形容している他、共演した多くのアーティスト達が絶賛している。毎年多くのチャリティ・コンサートを行っている他、大の動物愛護者であり、ドイツでは彼女の名を冠した動物保護団体もできている。

詳しいプロフィールはこちら>>


 

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。