Profile

シズオ・Z・クワハラ

指揮者
Shizuo・Z・Kuwahara, Conductor

 

1976年、日本人の両親の下東京に生まれる。10歳でアメリカに移住し、イーストマン音楽院を経て名門エール大学音楽科にて指揮を学ぶ。在学中にエリエザー・デ・カルバリョ賞、アイヴズ賞を、また同大大学院ではソロス・ニューアメリカン奨学金を獲得し優秀な成績で卒業。これまでに、デイヴィッド・エフロン、ローレンス・レイトン・スミス、レナード・スラトキン、デイヴィッド・ジンマン、ティモシー・マフィット、マイケル・ジンボのもとで研鑽を積んだ。2002年、バージニア交響楽団のアシスタント・コンダクターに就任。その意欲的な活動が音楽監督ジョアン・ファレッタに認められ、2004年から2007年まで正指揮者を務める。就任直後に行われた定期公演ではショスタコーヴィッチの交響曲第10番を演奏、ヴァージニアン・ピロット紙にて「最近のバージニア響定期の中で最もすばらしい演奏」と評された。

2005年には米国オーケストラ連盟のオーディションに選ばれ、フィラデルフィア管弦楽団の特別研究員に就任。音楽監督(当時)クリストフ・エッシェンバッハのもとで研鑽を積み、就任以降取り組んだベートーヴェン交響曲のチクルスでは高い評価を得た。2006年にはPMFパシフィック・ミュージック・フェスティバルにてヴァレリー・ゲルギエフのアシスタント・コンダクターを務めるとともに、同年12月に行われた東京国際指揮者コンクールに入選、同時に日本での活動を本格的に開始した。2008年にはサイトウ・キネンフェスティバルにて小澤征爾のアシスタント・コンダクターを務めた他、2011年には日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会にデビュー、「推進性豊かで痛快」(東条碩夫/音楽の友2011年3月号)等絶賛を博す。これまでに日本フィル、東京交響楽団、読売日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、大阪市音楽団、フィルハーモニック・ウインズ大阪等と共演している。

2008年には第4回ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクール(フランクフルト)にて優勝。これを機にヨーロッパでの演奏活動を開始し、2009年以降フランクフルト歌劇場管弦楽団、ドイツ放送フィルハーモニー、ポーランド室内管弦楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団への客演を行っている。また2009年~16年にはジョージア州オーガスタ交響楽団の音楽監督を務める。現在はオランダに拠点を移し、音楽監督ゲルギエフの信頼を得てサンクトペテルブルク・マリインスキー劇場管弦楽団でバッハとブラームスのチクルスを振るなど定期的に客演。またウラジオストク・マリインスキー劇場ではオペラデビューを果たし、ヴェルディ「椿姫」「マクベス」、チャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」を指揮。2019年9月には同劇場の首席客演指揮者に就任。今後の活躍が益々期待されている。

 

外部リンク

http://www.shizuokuwahara.com/

画像ダウンロード

 

メールマガジン登録

公演情報やアーティストの最新情報などをいち早くお知らせいたします。
下記の「メルマガ登録はこちら」ボタンから登録してください。