【チケット販売】ロシア国立交響楽団<シンフォニックカペレ>


tempo_logo.png
クラシックコンサートマネージメント、イベント企画のテンポプリモ



menu_09.pngmenu_08.png

manu_03.pngmanu_05.pngmanu_07.pngmanu_09.pngmanu_11.pngmanu_13.png

ticket_top02.jpg

チケット販売

販売中のチケットのお求めはこちらから

HOME > contents > ticket > ロシア国立交響楽団<シンフォニックカペレ>

ロシア国立交響楽団<シンフォニックカペレ>

2年前に観客を騒然とさせた「三大交響曲」に加え、ロシア・スラブの名曲づくしの超・特別プログラム!


rosso2017.jpgロシア国立交響楽団<シンフォニックカペレ>


LinkIconチラシのダウンロードはこちら
「クラシック音楽の伝統はまだ死なない。」
大絶賛を博した前回来日公演からはや2年ポリャンスキー&ロシア国立響が豪華プログラムを引っ提げ再上陸!
2015年7月の初来日では度肝を抜く「チャイコフスキー第4・5・6番連続演奏」を敢行。東京・横浜をはじめ全国各地で完売が続出する中、一切手を抜かない凄演を全国で10回も行い、朝日新聞・日経新聞でその演奏が絶賛されて大成功のデビューを果たしました。
「赤いカラヤン」の異名をもつ音楽監督ヴァレリー・ポリャンスキーは、ロシアを代表する合唱指揮者としても活躍。絹糸を丁寧に編んでゆくような緻密なハーモニーを練り上げると共に、激しいシーンでは一転して金管を唸らせ闇を切り裂くような演奏を繰り広げ、日本でのチャイコフスキーの演奏史に新たな1ページを加えました。この来日中に即、各地主催者から次のオファーが殺到して開催されることとなった今回のツアーでは「三大交響曲」プログラムに加えて、「1812・革命・ドヴォコン」など魅力のプログラムを携えて登場。ムラヴィンスキー、スヴェトラーノフ、ロジェストヴェンスキー…ロシア巨匠の流れをくむポリャンスキー&ロシア国立響の壮大な音楽をお楽しみください。


ロシア国立交響楽団
State Symphony Capella of Russia

SSCR.jpg
1957年に旧ソ連の巨匠サムイル・サモスードが設立した全ソビエト放送オペラ交響楽団を前身とする。71年よりマクシム・ショスタコーヴィチが音楽監督に就任し、アメリカに亡命する81年までに父ドミトリーの多くの作品を発表した。のちにロジェストヴェンスキーを音楽監督に迎えソビエト国立文化省交響楽団と改称、さらに91年にソビエト連邦国立室内合唱団と合併して現名称となる。この際合唱指揮の重鎮ヴァレリー・ポリャンスキーが音楽監督に就任し、ヴェルディの「レクイエム」やドヴォルザーク「テ・デウム」、ラフマニノフ「鐘」など大作を次々と演奏しオーケストラのレパートリーを飛躍的に拡充させ、「ロシアで最も優れた交響楽団」と評されるようになった。その名声により、旧ソ連内をはじめアメリカ、イギリス、スイス、ドイツ、イタリア等欧米各国に定期的に招聘されて絶賛を博している。ソビエト国立文化省交響楽団時代から数多くの録音を残しており、ロジェストヴェンスキーによるチャイコフスキー交響曲全集(シャンドス)、ショスタコーヴィチの各交響曲、ポリャンスキーによるチャイコフスキーとショスタコーヴィチの交響曲やグラズノフ交響曲全集、ラフマニノフの交響詩「鐘」を含む管弦楽曲集と交響曲全集をリリースしている。

ヴァレリー・ポリャンスキー(指揮)
Valery Polyansky, Conductor

ヴァレリー・ポリャンスキー.jpg1949年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院にて、合唱音楽の権威ボリス・クリコフに師事して在学中から指揮活動を開始する。1975年自ら結成したロシア国立室内合唱団を率い、グィド・ダレッツォ国際合唱コンクールでロシアの団体としては初の優勝を飾り、特別賞、最優秀指揮者賞も受賞。以来、「合唱のカラヤン」「赤いカラヤン」等の異名を拝す。一方、モスクワ・オペレッタ劇場の指揮者を務める傍ら、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーに指揮法を学び、ボリショイ劇場等で多くのオペラ・プロダクションを手掛けた。1992年ロジェストヴェンスキーの要請で旧ソビエト国立文化省交響楽団を改称したロシア国立交響楽団の音楽監督に就任、世界各国で招聘されいずれのツアーも大成功を博す。幾重にも練りあげられたピアニッシモを駆使する独自の手法から、ロシアきっての鬼才指揮者と評される。1996年ロシア人民芸術家叙位、2002年よりエーテボリ音楽祭首席指揮者。モスクワ音楽院教授、ラフマニノフ国際ピアノ・コンクール総裁を務める。

宮田 大(チェロ)
Dai Miyata, Cellist

miyata.jpg宇都宮市出身。3歳よりチェロを始める。幼少よりその才能は注目をあつめ、第74回日本音楽コンクールを含む出場するすべてのコンクールに第1位入賞する。第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール(パリ)で日本人として初優勝。桐朋学園音楽部門特待生、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。’09年にジュネーヴ音楽院卒業、’13年にクロンベルク・アカデミー修了。第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第20回出光音楽賞、第13回ホテルオークラ音楽賞受賞。チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの各氏に師事。マスメディアへの出演も多く、「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳~」(芸術祭参加作品)、最近では「報道ステーション」「日経スペシャル招待席~桐竹勘十郎 文楽の深淵」「徹子の部屋」が話題を集めた。水戸室内管弦楽団メンバー。
使用楽器は1698年製ストラディヴァリウス“Cholmondeley” (上野製薬株式会社貸与)、1710年製M.ゴフリラー(宗次コレクションより貸与)。
オフィシャルサイト:http://www.daimiyata.com/

予定プログラム

プログラムA
チャイコフスキー:交響曲第4番/交響曲第5番/交響曲第6番「悲愴」(休憩含め3時間)

プログラムB
チャイコフスキー:大序曲「1812年」/ドヴォルザーク:チェロ協奏曲/ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」

2017年10月28日(土) 14:00開演(プログラムB)

会場:横浜みなとみらいホール
全席指定
S席12,000円 A席 9,500円 B席7,000円 P席5,000円

※未就学児入場不可

2017年11月5日(日) 13:00開演(プログラムA)

会場:サントリーホール
全席指定
S席15,000円 A席12,000円 B席9,000円 P席8,000円

※未就学児入場不可

2017年11月7日(火) 19:00開演(プログラムB)

会場:東京オペラシティ
全席指定
S席12,000円 A席 9,500円 B席7,000円 P席5,000円

※未就学児入場不可

プログラムA・Bの名曲6作品を全て聴く!
2公演セット券 (先着300名限定/テンポプリモのみ取り扱い)

会場:10月28日みなとみらいホール+11月5日サントリーホール / 11月5日サントリーホール+11月7日東京オペラシティ

2公演で S席 27,000円→24,000円 A席 21,500円→20,000円(B席・P席は設定なし)

※未就学児入場不可

WEB受付はこちら

kounyuu.jpg
2017年4月21日(金)10:00〜 一般発売開始

チケットのお申込み

テンポプリモ 03-3524-1221 www.tempoprimo.co.jp
イープラス eplus.jp/ <PC&携帯>
ローソンチケット 0570-000-407 オペレーター対応 l-tike.com/ <PC&携帯>
チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/ <PC&携帯>
神奈川芸術協会 045-453-5080(10月28日公演のみ) www.kanagawa-geikyo.com
みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2000(10月28日公演のみ)
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(11月5日公演のみ)
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999(11月7日公演のみ)

主催:テンポプリモ/神奈川芸術協会(10月28日) 協力:横浜みなとみらいホール(10月28日)
後援:ロシア連邦文化省/ロシア連邦文化協力省/駐日ロシア連邦大使館/ロシア文化フェスティバル日本組織委員会/

チケット販売

rosso2017.jpg

sarah-2017-B.jpg

gitlis2017-prov-2.jpg

bpo-Prov.jpg

kounyuu.jpg
チケットの購入はこちら!

Facebook-logo.jpg
テンポプリモ公式facebook!