株式会社テンポプリモ|dress room【アーティスト特集】 イヴリーギトリス2010


tempo_logo.png
クラシックコンサートマネージメント、イベント企画のテンポプリモ



menu_09.pngmenu_08.png

manu_03.pngmanu_05.pngmanu_07.pngmanu_09.pngmanu_11.pngmanu_13.png

dressroom_top.jpg

アーティスト特集

このページでは、滅多に訪れることのない楽屋(ドレスルーム)に皆様をご案内します。
楽屋からどんなアーティストが出てくるか、乞うご期待!

HOME > contents > dressroom > dress room【アーティスト特集】 イヴリーギトリス2010

Drees Room 5

イヴリー・ギトリス

about_gt03.jpg

イヴリー・ギトリス プログラム決定!

今日は1922年生まれのヴァイオリニスト、マエストロ・イヴリー・ギトリスにお越しいただいています。さっそく楽屋をノックしてみましょう。


gito02_img02.jpg-(国際電話にて)ハロー・マエストロ・ギトリス。お元気ですか?

「おう、マイ・マネージャー。元気だよ。」

-お元気そうで何よりです。日本ツアーも近づいてきたので、そろそろ曲目を発表したいのですが。

「そうだったな。うーん、フランクのソナタが聴きたいって?よし。あとはヒンデミットのソナタにしよう。二楽章で、E♭メジャーのやつだ。最初はヒンデミット。次はフランク。」

-ヒンデミットとフランク!意欲的なプログラムですね。確かに、フランクはこちらから希望したのですが、ヒンデミットはどうして?

「どうしてって?ダメなのか??」

-そんなことありません!素晴らしい選曲だと思います。マエストロが敢えてヒンデミットを選んだのはなぜかと思いまして。

「なぜって、いい曲だからじゃないか。冒頭のピン・ポピン・ポピン!のメロディなんか本当にいいだろ?なぁ。(嬉しそうに)ピン・ポピン・ポピン…。」

-はい。でもフランクとの相性とか、それか、昨年のリサイタルでヘンデル、モーツァルト、ベートーヴェンのソナタを弾いたので今回は近現代のものを採りあげたのか、とか、、。

「そんなの関係無い。ただいい曲だから弾くんだ。それで充分だろ?弾きたいものをやったほうがお客さんが喜んでくれるんじゃないか?」

-そうですね。その通りだと思います。

「だろ?ヒンデミットのソナタは本当にいい曲だ。ピン・ポピン・ポピン…。ハッハッハ!」

-本当に楽しみです。後半はどうされますか?

「小品集にするつもりだけど、曲目は、やはりその時に本当に弾きたいと感じる曲にしたいと思っているんだ。今すぐには決められないから、舞台上でお客さんにアナウンスするよ。今のところ、冒頭にマルディロシアンのピアノソロ。クライスラーの小品。後は、ミシェル・ルグラン。知っているか?」

-ルグランって、「シェルブールの雨傘」とかの映画音楽で有名なあのルグランですか?

「そうだ。ピアニストで映画監督でもあるルグランだ。親しくってね。今回の日本ツアーのために"6つのロマンス(Six Romancies)"っていうヴァイオリンとピアノのための小品を作曲してくれたよ。」

-ということは、初演になるんですか?

「そう、世界初演。短い作品だが愛らしくてとてもいい曲だよ。大好きな日本で発表できるのはとても楽しみだ。」

-何と!すごいですね!!今回のリサイタルも本当に盛りだくさんで、本当に楽しみになってきました。

「おっと、今日からスイスのツアーが始まるんだ。忙しくてな、来週まで連絡が取りづらくなるから、そのつもりで。プログラムのことはそういうことで発表しておいてくれ」

-かしこまりました。スイスの演奏旅行を楽しんできて下さいね!

「チャオ!バイ、マイ・マネージャー。」

プログラム

前半
ヒンデミット/ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 作品11-1
フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調

***

後半
ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」(ソロ: ヴァハン・マルディロシアン)
ミシェル・ルグラン/6つのロマンス(世界初演)
クライスラー小品集
ほか(当日舞台上で発表)



※本文はイヴリー・ギトリスとマネージャーとの電話での実際の会話が元となっております。


to_index_bottun.png


プロフィール Profile

イヴリー・ギトリス

ivry Gitlis

gito01_img02.png1922年イスラエルのハイファ生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、7歳で最初の演奏会を開く。演奏を聴いたフーベルマンに見出されてフランスに渡り、12歳でパリ音楽院を首席で卒業。その後もジョルジュ・エネスコ、ジャック・ティボー、カール・フレッシュ等、名ヴァイオリニストの下で研鑽を積む。1951年ロン=ティボー国際音楽コンクールに入賞、56年にアメリカデビューを果たし、超絶技巧の天才ヴァイオリニストとして世界的な賞賛を博し、活躍の舞台を全世界に広げる。 19世紀の演奏様式、音楽感を伝える希少な演奏家で、カザルス、ハイフェッツ、ゼルキン、オーマンディ、セル、ホーレンシュタイン、クリュイタンスなど歴史上の名匠と共演を行い、「別府アルゲリッチ音楽祭」の共演で有名なアルゲリッチを始め、バレンボイム、メータ、インバル、デュトワ、パリ管弦楽団、ニューヨーク・フィル、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽団、レニングラード・フィル等々、多くの一流演奏家から招聘を受けている。 1950年から開始したレコーディングの経歴も豊富で、ACCフランス・ディスク大賞、米ヘラルド・トリビューン年間ベスト・レコーディング等各国で高い評価を得ている。日本では、アルゲリッチ音楽祭ライヴ・ソナタ集、カザルスホールの無伴奏DVD等独自のリリースも多い。最近では名盤「24のカプリース」CD、チャイコフスキー協奏曲DVDもリリースされた。86歳の今年もルガーノ音楽祭(スイス)でのアルゲリッチとの共演、ロンドン、南アフリカ、アメリカ、デンマーク、ウクライナツアーを精力的にこなすなど、依然現役最高齢のヴァイオリニストは健在である。

チケット販売

cdls-h1.jpg

kiev2017no9-2.jpg

kiev2017otani-2.png

kounyuu.jpg
チケットの購入はこちら!

Facebook-logo.jpg
テンポプリモ公式facebook!

education.jpg
テンポプリモが運営する
音楽教育のご案内

event_kikaku.jpgevent_kikaku.jpg
主催者さまの要望にお応えした企画をプロデュースします。